目標14、海の豊かさを守ろう

海洋汚染、なかでも近年、、国際的な課題となっているのが「廃プラスチック」が海に流入しているといわれていて、海洋生物を汚染し、やがては魚などを食べる私たち人間の健康を害するといわれています。

 

海を汚す原因

廃プラスチック

工場や家庭からの排水

ゴミなどの廃棄物

タンカーの座礁による原油の流出

 

汚染された海を守るために

地球温暖化にともなう海洋温暖化

人間による漁業

人間が出す大量のゴミ

大気や河川から流れ込んだ農薬

※海の汚染によって、生物学的に持続可能な水準範囲にある魚種資源の割合は、90%(1974年)から68.6%(2013年)にまで下がっているといわれています。

 

海を守るとりくみ

オーシャン・クリーンアップ作戦→海にV(ブイ)を並べ、巨大なV字型フェンスをつくり、海流によって流されてきたゴミをこのV字の中央に集めて定期的に回収する。オランダの高校生が発案。

海のエコラベル→環境と社会に配慮した養殖業を認証する海のエコラベル(ASC認証)。日本では、東日本大震災後に再開された宮城県南三陸町戸倉地区のカキ養殖業が初取得。

 

 

※海洋温暖化…海洋が二酸化炭素を吸収して温暖化してしまうこと。