目標11、住み続けられるまちづくりを

スラム化や環境汚染など様々な問題が発生している都市部の様々な問題を解決するために、効率的で参加型の都市計画や管理を実践していく必要があります。

日本では「内閣府地方創生推進事務局」が持続可能なまちづくりや地域活性化に向けて、SDGsの理念に沿って取り組みを推進しています。

 

都市に発生する問題

・災害発生時の被害の深刻化

・格差の拡大

・犯罪の増加

・人口集中による過密化

・ゴミ問題

・大気汚染

・住宅不足

・ヒートアイランド現象

 

「住み続けられるまち」をつくるためにできること

住まいやオフィスの省エネ化

・照明、暖房などのエネルギー効率を高めたスマートホーム(屋上菜園など)

・スマートオフィス、グリーンビルディングなどの導入

移動手段

・公共交通機関などへのエコカーの導入

・電動アシスト自転車シェアサービス、太陽光発電などの活用

廃棄物の削減

・再利用やリサイクルの推進

 

・エコバックやマイボトルの使用