目標10、人や国の不平等をなくそう

国家間の格差是正のため、国境を越えて国や企業に課税し、分配する「グローバル・タックス」の導入が検討されています。

また、途上国でつくられた作物や製品を適切な値段で継続的に購入する「フェアトレード」は世界的に広がりつつあり、国家間における経済的格差は小さくなる傾向にあります。

しかし、国内ではむしろ格差は拡大傾向にあり、日本でも多くの課題があります。

また、世界では経済的格差だけでなく、様々な不平等や差別があり、それらが格差を生む原因となっています。

 

広がり続ける格差

10%のお金持ちが世界の所得の約40%を所有

30%の貧困層の所得はわずか27

 

様々な不平等や差別

性別・年齢・障害の有無・国籍・人種・階級・宗教・難民・性的マイノリティ、など

 

目標10に関連した企業ができる取り組み

・男女平等の雇用と昇進(給料の男女格差の是正、女性管理職の登用促進)

・マイノリティの雇用(障害者や外国人などの雇用促進)

・マイノリティ向け新サービス(マイノリティ向けに特化した製品やサービス)

 

・均等待遇の推進(雇用形態によらず、同一労働同一賃金を促進)