目標01、貧困をなくそう

貧困の解消は途上国だけでなく先進国でも重要な課題です。

 

  「国際貧困ライン」

   11.9ドル未満で暮らす人の比率のこと。

1990年、貧困の数は、約189500万人(約36%)でした。

2015年、その数は、約73600万人(約10%)まで減少し、

世界の貧困率は低下しつつありますが、いまだに約10%の人々が極度の貧困状態

にあります。

 

  「多次元貧困指数(MIP: Multidimensional Poverty Index)」

   国連開発計画(UNDP)が2010年に導入した新たな貧困の指標で、

健康、教育、生活水準の3要素から複数の種類の貧困がどのように重なり合っている

か、多次元貧困状態にある人の割合を示すもの。該当した指標の合計値が3分の1

超えた世帯人数が貧困者とされ、全人口との割合を求めたものです。

この数値で見た場合、低所得国よりも、中所得国で貧困に陥っている人が多く、

13億人が貧困状態にあるとのことです。

 

 教育

①就学年数(1/6就学経験年数が6年以上の世帯員がいない

②子どもの就学(1/6学校に通うべき年齢の子どもが就学していない

 健康

③子どもの死(1/6過去5年間に子どもが亡くなった

④栄養(1/6栄養不足の成人または子どもがいる

 生活水準

⑤電力(1/18電気の供給がない

⑥衛生(1/18下水設備がない、または他の家と共有している

⑦安全な飲料水(1/18安全な水が得られない、または水の入手に往復30分以上かかる

⑧床(1/18)家の床が泥や砂、動物の糞など

⑨炊事用燃料(1/18糞や木材、木炭で料理する

⑩資産(1/18ラジオ、テレビ、電話、自転車、二輪車、冷蔵庫、自動車、トラックの

いずれも持っていない

 

※ カッコ内は、各分類のウェイトです。

 

 

  相対的貧困

  先進国で相対的貧困の課題があり、日本では6人に1人が月に10万円以下で暮らす

状態で、特にひとり親家庭、とりわけ母子家庭への支援は重要な課題とされています。