裏漉しをして作るレシピ〈裏漉しのきほん〉

裏漉しは、材料をゆでたり蒸したりして柔らかくした後、こし器を使って材料を細かくこすことです。
すりつぶすよりも、一段となめらかな食感になります。
こし器がない場合は、ボウルとざるを二重にし、ざるの編み目でもこすことができます。
乱切りにしてから、ゆでる、蒸すなどをしてやわらかくした材料を木べらなどを使って、まんべんなくこします。
冷めると材料がかたくなってこしにくいので、熱の冷めないうちにこすのがポイントです。
編み目が細かければ、野菜などは、繊維や種、不純物を一緒に取り除くこともできます。