食生活指針 その1

「食品成分表」や「食事摂取基準」がどちらかというと栄養の専門家向けに作られているのに対し、「食生活指針」は一般の人が日々の生活の中で役立てることのできる食事と栄養のための指針です。

 出典:農林水産省Webサイト(http://www.maff.go.jp/j/syokuiku/shishinn.html)

 

食事を楽しみましょう

毎日の食事で、健康寿命をのばしましょう。

おいしい食事を、味わいながらゆっくりよく噛んで食べましょう。

家族の団らんや人との交流を大切に、また、食事づくりに参加しましょう。

1日の食事のリズムから、健やかな生活リズムを

朝食で、いきいきした1日を始めましょう。

夜食や間食はとりすぎないようにしましょう。

飲酒はほどほどにしましょう。

適度な運動とバランスのよい食事で、適正体重の維持を

普段から体重を量り、食事量に気をつけましょう。

普段から意識して身体を動かすようにしましょう。

無理な減量はやめましょう。

特に若年女性のやせ、高齢者の低栄養にも気をつけましょう。

主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを

多様な食品を組み合わせましょう。

調理方法が偏らないようにしましょう。

手作りと外食や加工食品・調理食品を上手に組み合わせましょう。

ごはんなどの穀類をしっかりと

穀類を毎食とって、糖質からのエネルギー摂取を適正に保ちましょう。

日本の気候・風土に適している米などの穀類を利用しましょう。