『土用の丑の日』

夏といえば、、土用の丑の日。

「丑」というのは、十二支の丑のことで、土用の期間の丑の日、ということになります。これは十二支を1日ごとに並べて いくので12日に1度回ってくることになります。年によっては2回の土用の丑の日があるときもあります

土用」と聞いて夏のことを思い出される方が多いいますが土用というのは年に4回ありま暦の上での季節の終わりの19日間の事を指します

の土用の丑の日にうなぎを食べたりすると身体が丈夫になる、という言い伝えがあります

日本の夏は高温多湿では汗とともにビタミンB1が流れ出てしまいます。 ビタミンB1というのは神経や筋肉の働きを助ける働きを持っているため、これが疲れやすくなる原因にもなっています。

うなぎには、良質なたんぱく質と ビタミンB群を多く含んでいる、夏にぴったりの効率の良い食べ物なのです