かまぼこ製品:昆布巻、赤巻、す巻

昆布巻…富山県が主な産地で、上質な昆布を洗ってしなやかにしてから表面水分をとります。この昆布にグチ、トビウオなどの生すり身や各種冷凍すり身から調製した調味すり身を薄くのばし、渦巻き形に巻いて蒸したものです。魚の旨味を残すために水晒しの度合いをひかえめにしています。

赤巻…富山県が主な産地で、帯状の赤色かまぼこで先の昆布巻と同じように調味すり身を巻き蒸しあげた製品です。

す巻…山陰の出雲地方、四国の香川県や愛媛の今治、九州などが主な産地です。エソ、トラハゼなどの地魚の生すり身や各種冷凍すり身から調製した調味すり身のひとかたまりに定寸の麦旱(ストロー)を均一に付け蒸し上げた製品です。ストローは板付きと同じく昔をしのぶ包装の一形態として人気があります。